*

滝廉太郎(たきれんたろう)降臨「究極」攻略/適正パーティ/荒城に流るる朱華の調べ

公開日: : 最終更新日:2017/12/14 降臨・イベントクエスト攻略

滝廉太郎(たきれんたろう)攻略

滝廉太郎(たきれんたろう)降臨の評価・強さなど

滝廉太郎(たきれんたろう)は「火属性」で「バランス型」の「亜人族」モンスターです。
ボールタイプはどちらも「反射タイプ」でアビリティーは進化が「アンチダメージウォール」と「アンチブロック(ゲージショット)」もちで、神化は「砲撃型」に変更されて「飛行」と「アンチブロック(ゲージショット)」のどちらも「ダブルアビリティー」もちのになります。

友情コンボは、進化が「ホーミング18」で、神化は「貫通ホーミング8」と「クロスレーザーS」です。

どちらもアンチブロックもちでブロックが設置されていても自由に動けますし、進化はアンチダメージウォールもちで汎用性がありますし、神化は飛行が付いていますから地雷にも対応が出来るモンスターになります。
友情コンボのホーミング系はサソリ対策が可能になりますが、進化は重力バリアなどに、神化はメジャーギミックなどに対応出来ない事が難点です。
積極的に育てる必要はありませんが手持ち不足であれば素材分を確保してから砲撃型の神化を育ててみてもいいでしょう。
地雷処理や蘇生対策が面倒なクエストになりますが、きっちり編成出来れば運極にする事は可能になります。

素材としての使い道

黒炎の画聖ゴッホ…3体必要
光の夜警隊長レンブラント…2体必要
悪夢の子守歌シューベルト…2体必要

「滝廉太郎(たきれんたろう)究極」ギミックの特徴

ダメージウォール:対策重要
・ウィンド
・からくりブロック
・アビリティロック矢
・レーザーバリア
・蘇生
・ドクロマーク
・ヒーリングウォール
・ビットン

ビットンからダメージウォールが発生しますのでアンチダメージウォールもちを編成する事が理想的です。
ドクロマーク付き雑魚の攻撃がアビリティロック矢になりますがドクロマーク付き雑魚を倒すとヒーリングウォールが展開されますので蘇生雑魚も含めて先に倒していきましょう。
からくりブロックとレーザーバリアやウィンド攻撃がありますので常に攻撃しやすい位置取りが重要になります。

ボスの種族と属性

滝廉太郎(たきれんたろう)は「亜人族」の「火属性」なので、「亜人キラー」や「火属性キラー」のモンスターが活躍します。
中でも、アンチダメージウォールと火属性キラーもちの上杉謙信(神化)が最適になります。
また、アンチダメージウォールと亜人キラーMもちのサキュバス(進化)前田慶次(進化)やアンチダメージウォールと亜人キラーもちのケットシー(神化)もおススメです。
ボスがキラーもちではありませんのでどの種族を編成しても問題はありません。

「滝廉太郎(たきれんたろう)究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

上杉謙信(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性の貫通タイプで火属性キラーも付いていますからステージ全体で重宝します。

サキュバス(進化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。光属性で亜人キラーMもついていますからボスにダメージを与えやすいですし友情コンボの超強ホーミングは雑魚処理に有効です。

前田慶次(進化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。火属性で亜人キラーM持ちなのでボスにダメージを与えやすいですし友情コンボの斬撃が雑魚処理に重宝します。

ケットシー(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。闇属性で亜人キラーをもっていますし友情コンボの超強ホーミングと合わせて雑魚にもボスにも有効です。

ラファエル(獣神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で回復も付いていますし友情コンボの十字レーザーELとロックオン毒衝撃波6は大変強力で2段階で発動できる号令系のSSは大変重宝します。

スサノオ(獣神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で友情コンボのワンウェイレーザーELが大変強力ですし壁にバウンドすれば攻撃力が上がるSSはボス戦で重宝します。

アテナ(進化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性の火属性耐性もちなのでダメージ量を減らせますし、友情コンボのエナジーサークルが雑魚にもボスにも有効です。

ダルタニャン(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で友情コンボの追従型貫通弾で雑魚にもボスにも有効ですしヒーリングウォールを張れるSSはボス戦での回復で重宝します。

アリス(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。闇属性の貫通タイプで友情コンボの超強貫通ホーミングと回復もちですのでサポート的にも優秀です。

ルシファー(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。闇属性で友情コンボのエナジーサークルで雑魚を処理するのに大変優秀ですし号令系のSSはボス戦で重宝します。

降臨系モンスターの適正モンスター

ヤマトタケル
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で友情コンボのロックオンワンウェイレーザーが雑魚にもボスにも有効ですしSSが貫通タイプになりますので弱点を直接狙えます。

大黒天
アンチダメージウォールもちモンスターです。光属性でHPが高く編成できれば安定しますし友情コンボの電撃が密集した雑魚処理に大変重宝します。

ルパン(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で友情コンボのサークルエナジーが雑魚処理に有効です。

秋刀竜(進化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性で友情コンボのロックオン衝撃波6が雑魚にもボスにも有効です。

バステトX(進化)
アンチダメージウォールとアンチウィンドもちモンスターです。水属性で友情コンボの貫通ロックオン衝撃波6が雑魚にもボスにも有効です。

ゴルディバルディ(神化)
アンチダメージウォールとアンチブロックもちモンスターです。水属性で友情コンボの貫通拡散弾EL3と十字レーザーSが雑魚処理に有効です。

おすすめのパーティー構成

サキュバス(進化)…ADW+亜人キラーM
アリス(神化)…ADW
ヤマトタケル…ADW

フレンド枠
上杉謙信(神化)…ADW+火属性キラー

ステージ攻略

滝廉太郎(たきれんたろう)は、ダメージウォールが発生しますのでアンチダメージウォールもちを編成する事が理想的です。
ドクロマーク付き雑魚からアビリティロック矢攻撃がありますが倒すとヒーリングウォールを展開しますので蘇生雑魚と一緒に先に倒していく事が重要になります。
からくりブロックが発動すると攻撃しずらくなる場合もありますから常に攻撃しやすい位置取りを心がけましょう。
ボスと雑魚は火属性ですから水属性で編成すればダメージ量を抑える事が出来ておススメです。
亜人キラーや火属性キラーもちを編成に組み込めればボス戦も比較的スムーズに進められます。

バトル1

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル1雑魚6体のステージです。
上段中の蘇生雑魚を早目に倒す為にドクロマーク付き雑魚のアビリティロック矢攻撃に注意しながら倒します。
ドクロマーク付き雑魚を倒すとヒーリングウォールが発生しますのでHPを回復させながらすべての雑魚を倒していきましょう。
但し、ビットンからのダメージウォールは2面に張られますが7ターン後には全面に張られてしまいますのでそれまでに倒す事を忘れずに。
次のステージに備えて上段に位置取り出来れば理想的です。

バトル2

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル2中ボス1体と雑魚4体のステージです。
前のステージ同様、ドクロマーク付き雑魚のアビリティロック矢攻撃に注意しながら先に倒します。
ダメージを受けた場合にはヒーリングウォールで回復をしながら中ボスを左や下から攻撃して倒していきましょう。
次のステージに備えて右上と左中に位置取り出来れば理想的です。

バトル3

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル3中ボス1体と雑魚5体のステージです。
左側3体のドクロマーク付き雑魚を先に倒します。
上段2体の雑魚を倒してヒーリングウォールで回復させながら中ボスの右から攻撃して倒していきましょう。
次のステージからボス戦になりますので右上と右下に位置取り出来れば理想的です。

バトル4

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル4ボス1戦目です。
ボスHPは約240万ほどです。
ドクロマーク付き雑魚を先に倒す為にからくりブロックに注意しながら倒していきましょう。
ボスの3ターンごとのエナジーサクルや11ターン後の爆破拡散弾は大ダメージを受けやすいので左や下から攻撃してボスを素早く倒します。
残りの雑魚を倒しながら、次のステージに備えて右下と左上と左下に位置取り出来れば理想的です。

バトル5

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル5ボス2戦目です。
ボスHPは約330万ほどです。
配置にもよりますがすべて上段に配置されているなら左上の雑魚を先に倒してボスを倒します。
全体に配置されている場合にはアビリティロック矢攻撃に注意しながら雑魚を倒しながらヒーリングウォールで回復させながらボスを倒していきましょう。
ボスの上や右から攻撃出来ればダメージを与えやすいですがボスの攻撃ターンやビットンのダメージウォール発生の確認を忘れずに。
次のステージに備えて上段や下段に位置取り出来れば理想的です。

バトル6

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル6ボス最終面です。
ボスHPは約370万ほどです。
号令系や巻き込み系のSSがいる場合にはすべてのSSを使って雑魚を一掃しながらボスを倒します。
そうでない場合には雑魚のアビリティロック矢攻撃を受けている状態でビットンからの全面ダメージウォールが発生すると避けようがありませんし、からくりブロックの配置もありますから攻撃を受けない位置取りを重視して雑魚をすべて倒してから集中攻撃してボスを倒し切りましょう。

まとめ:雑魚を素早く倒していく事が肝心になるクエスト

ダメージウォールが発生しますのでアンチダメージウォールもちを編成する事が理想的になります。
ドクロマーク付き雑魚を倒すとヒーリングウォールが発生して回復出来ますがアビリティロック矢攻撃をしてきますので攻撃を受けない位置取りを心がけて素早く雑魚を倒していく事が重要です。
クエスト自体、アビリティロック矢攻撃が面倒ですが「アンチダメージウォール」もちの「火属性キラーや亜人キラー」を編成していれば難易度も下がるクエストですから、きちんと対策をしてから始めましょう。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

ウラヌス/バトル5

ウラヌス「極」攻略/適正パーティ/激突!天王魔機将ウラヌス

ウラヌスの評価・強さなど ウラヌスは「光属性」で「パワー型」の「ユニバース族」モンスタ

記事を読む

平清盛降臨「究極」攻略/バトル3

平清盛降臨「究極」攻略/適正パーティー/瀬戸内の海路を制した覇者

平清盛の強さ・評価・ステータス詳細はこちら 「平清盛降臨」の評価・強さなど 平清

記事を読む

クシナダ「ステージ8」

モンスト「クシナダ」降臨を攻略!おすすめ適正パーティーも

イザナミに続く2番目の超絶降臨として登場したのがクエスト「八岐ノ森の贄比女」。 超絶クエストなので

記事を読む

ルパン/バトル4

銭形警部「EX」ルパン三世攻略/適正パーティ/参上!神出鬼没の大泥棒

ルパン三世の評価・強さなど ルパン三世は「水属性」で「バランス型」の「亜人族」モンスタ

記事を読む

英雄の神殿/火属性「獄炎の神殿 時の間/修羅場」バトル05

英雄の神殿/火属性「獄炎の神殿 時の間/修羅場」適正モンスター攻略

「獄炎の神殿/時の間/修羅場」ギミックの特徴 ・地雷 ・重力バリア ・蘇生 ・獣

記事を読む

サガット降臨「究極」/バトル6

サガット降臨「究極」攻略/適正パーティ/比類なき不撓の帝王

サガット降臨の評価・強さなど サガットは「光属性」で「反射タイプ」の「ファイター族」モ

記事を読む

シャナ/バトル5

シャナ降臨「究極」攻略/適正パーティ/炎髪灼眼のフレイムヘイズ

シャナ降臨の評価・強さなど シャナは「火属性」で「バランス型」の「亜人族」モンスターで

記事を読む

ダ・ヴィンチ「究極」攻略/バトル05

ダ・ヴィンチ「究極」攻略/適正パーティ/天才、それは宇宙の奇跡

「ダ・ヴィンチ」の評価・強さなど ダ・ヴィンチは神化させることでロボットキラーをもつモンス

記事を読む

キャロル/バトル5

キャロル降臨「究極」攻略/適正パーティ/激奏!クリスマスライブ

キャロル降臨の評価・強さなど キャロルは「闇属性」で「バランス型」の「妖精族」モンスタ

記事を読む

ティーガーⅠ・ クルップⅣD降臨「究極」攻略/バトル4

ティーガーⅠ・ クルップⅣD降臨「究極」攻略/適正パーティ/フーリレン・ゲニー

「ティーガーI/クルップIVD降臨」の評価・強さなど ティーガーI/クルップIVDは「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

るろうに剣心コラボ01
「るろうに剣心」コラボ第1弾当たりキャラとイベント一覧/2018年8月版

るろうに剣心コラボイベントの概要 「るろうに剣心」と「モ

月想ノ女神ツクヨミ廻/バトル8
月想ノ女神ツクヨミ廻降臨「超絶・廻」攻略/適正パーティ/月降る夜に永久を夢む女神・廻

月想ノ女神ツクヨミ廻の評価・強さなど 月想ノ女神ツクヨミ

ストロング志賀井/バトル6
ストロング志賀井「極」攻略/適正パーティ/見よ!焼けすぎの肉体美

ストロング志賀井の評価・強さなど ストロング志賀井は「火

ほたね/バトル6
ほたね降臨「激究極」攻略/適正パーティ/蛍舞う夜の幻想譚

ほたね降臨の評価・強さなど ほたねは「闇属性」で「妖精族

センプウガー/バトル6
センプウガー降臨「究極」攻略/適正パーティ/調節不能の狂える大旋風

センプウガー降臨の評価・強さなど センプウガーは「水属性

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑