*

「月野うさぎ(セーラームーン)情報」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

公開日: : 最終更新日:2018/11/20 モンスター情報

月野うさぎ(セーラームーン)

月野うさぎ(セーラームーン)情報の評価

「闇属性」「バランス型」のモンスター。種族は「亜人族」です。

ボールタイプが進化は「貫通タイプ」、神化は「反射タイプ」なります。

2018年11月16日から開始された「セーラームーン」とモンストのコラボ第1弾イベントで追加されたモンスターです。

アビリティーが進化は「アンチ重力バリア/アンチダメージウォール」と「回復/SSターン短縮(ゲージショット)」もち、神化は「砲撃型」に変更されて「超アンチワープ/レーザーストップ」と「状態異常回復/カウンターキラー(ゲージショット)」を持つ特徴があります。

適正クエスト

●進化
イザナミ
ツクヨミ
阿修羅
黄泉
袁紹
オロチマル
紀伊
ズー
玉藻前(激究極)
ヘカトンケイル(激究極)
みくも(激究極)
●神化
イザナギ
イザナギ零
アカシャ
司馬懿(激究極)
テュポーン
光源氏(激究極)
フェンリル

進化はフォースアビリティーもち

アビリティーは「アンチ重力バリア/アンチダメージウォール」と「回復/SSターン短縮(ゲージショット)」もちになります。
アンチ重力バリアとアンチダメージウォールもちになりますので大変汎用性がありますし、回復とSSターン短縮も付いていますからサポート要素も兼ね備えたモンスターです。
ワープや地雷などのギミックに対応出来ない事が難点になります。

神化もフォースアビリティーもち

アビリティーは「超アンチワープ/レーザーストップ」と「状態異常回復/カウンターキラー(ゲージショット)」もちです。
出現しているワープの数によって攻撃力が上がる超アンチワープとレーザー攻撃によるダメージをほぼ防げるレーザーストップにカウンターキラーと状態異常回復も付いているモンスターになります。
メジャーギミックなどに対応出来ない事が難点です。

友情コンボは高火力

友情コンボが進化は「衛星弾4」、神化は「衛星弾4」と「ラウンドフラッシュ」になります。
進化、神化の衛星弾4はふれた味方の周りに回転しながらひし形の飛行物が攻撃するものになりますから威力はありますし、神化のラウンドフラッシュは発動した場所から円形が一番近い壁まで広がりますので中央付近で発動が出来れば広範囲に攻撃が可能です。

進化はスピードとパワーがUPして浄化するストライクショット

進化は24ターンで発動する「スピードとパワーがアップ&ムーン・ヒーリング・エスカレーションで浄化」ストライクショットです。
スピードとパワーがUPした状態で攻撃しながらHPや異常状態の回復と敵が攻撃UP中であれば解除してくれますので貫通タイプを活かしたライン取りを心がけましょう。

神化はスピードとパワーがUPしてレーザーで攻撃するストライクショット

神化は22ターンで発動する「スピードとパワーがアップ&聖なる月のパワーで攻撃」ストライクショットです。
スピードとパワーがUPした状態で攻撃した後にレーザー攻撃もしてくれますからボスの弱点近くで発動が出来ればダメージを与えやすくなります。

月野うさぎ(セーラームーン)情報のステータス

月野うさぎ(セーラームーン)素材1

※レベル最大時のステータスです。()内はタス上限の値。

●英雄の証
あり

愛と正義の戦士セーラームーン(進化)

月野うさぎ(セーラームーン)進化

●ステータス
HP:19817(+3900)=最大「23717」
攻撃力:20803(+3575)=最大「24378」(ゲージショット成功時:29253)
スピード:326.03(+33.15)=最大「359.18」

●ストライクショット
ムーン・ヒーリング・エスカレーション/スピードとパワーがアップ&ムーン・ヒーリング・エスカレーションで浄化/24ターン

●友情コンボ
衛星弾4(威力:12812)

●アビリティ
・アンチ重力バリア
・アンチダメージウォール
・回復(ゲージショット)
・SSターン短縮(ゲージショット)

●ラックスキル
クリティカル

月の王女プリンセス・セレニティ(神化)

月野うさぎ(セーラームーン)神化

●神化素材

月野うさぎ(セーラームーン)素材

ゾイサイト  ラック3
ネフライト  ラック3
クンツァイト  ラック2

●ステータス
HP:16630(+4200)=最大「20830」
攻撃力:18990(+1850)=最大「20840」(ゲージショット成功時:25008 キラー発動時:37512)
スピード:278.03(+28.05)=最大「306.08」

●ストライクショット
聖なる月のパワー/スピードとパワーがアップ&聖なる月のパワーで攻撃/22ターン

●友情コンボ
衛星弾4(威力:17937)
ラウンドフラッシュ(威力:85415)

●アビリティ
・超アンチワープ
・レーザーストップ
・状態異常回復(ゲージショット)
・カウンターキラー(ゲージショット)

●ラックスキル
シールド

月野うさぎ(セーラームーン)情報の「進化」「神化」どちらがオススメ?

手持ちや好みによって選択していいモンスターです。

進化はアンチ重力バリアとアンチダメージウォールもちで汎用性の高さに回復とSSターン短縮のサポート要素がありますから初心者でも育ててすぐ即戦力になるモンスターになります。

神化はワープ対応だけではありますがレーザーストップと異常状態回復に友情コンボは高火力ですからボスに当てる事さえ出来ればダメージを与えやすいものになりますので優秀です。
進化はワープや地雷などに、神化はメジャーギミックなどに対応出来ない事が難点になります。

管理人がリセマラで当たったら?

進化、神化共に活躍に期待が出来ますしコラボ限定ものになりますので手に入れられたら是非育ててみたいモンスターになります。
希望のモンスターと一緒に獲得が出来れば、リセマラは終了するでしょう。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

マルドゥーク神化

「マルドゥーク」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

マルドゥークの評価 「木属性」「砲撃型」のモンスター。種族は「神族」です。 ボー

記事を読む

モンスト ルシファー

「ルシファー」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ルシファーの評価 「闇属性」「バランス型」のモンスター。種族は「妖精族」です。

記事を読む

アンバー進化

「アンバー」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

アンバーの評価 「光属性」「バランス型」のモンスター。種族は「亜人族」です。 ボ

記事を読む

マッチ売りの少女メイ神化

「マッチ売りの少女メイ」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

マッチ売りの少女メイの評価 「火属性」「バランス型」のモンスター。種族は「亜人族」です

記事を読む

ギムレット獣神化

「ギムレット」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ギムレットの評価 「木属性」「スピード型」のモンスター。種族は「妖精族」です。

記事を読む

椿神化

「椿」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

椿の評価 「火属性」「バランス型」のモンスター。種族は「亜人族」です。 ボールタ

記事を読む

イージス

「イージス」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

イージスの評価 「闇属性」「バランス型」のモンスター。種族は「聖騎士族」です。

記事を読む

リン・ヤオ神化

「リン・ヤオ」は強い?適正クエスト、神化の評価

リン・ヤオの評価 「闇属性」「スピード型」のモンスター。種族は「亜人族」です。

記事を読む

忍野忍神化

「忍野忍(おしのしのぶ)」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

忍野忍(おしのしのぶ)の評価 「光属性」「バランス型」のモンスター。種族は「怪異(かい

記事を読む

ダルタニャン獣神化

「ダルタニャン」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ダルタニャンの評価 「水属性」「バランス型」のモンスター。種族は「亜人族」です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

リンクス・シベリー_st07
リンクス・シベリー降臨「激究極」攻略/適正パーティ/静かなる銀世界の狩人

リンクス・シベリー降臨の評価・強さなど リンクス・シベリ

帝王鮭/バトル4
帝王鮭「極」攻略/適正パーティ/鮮度良好!荒波の中の怪魚

帝王鮭の評価・強さなど 帝王鮭は「火属性」で「バランス型

ザ・ビューティフルベアーズ/バトル6
ザ・ビューティフルベアーズ降臨「究極」攻略/適正パーティ/大激戦!氷上の最強姉妹

ザ・ビューティフルベアーズ降臨の評価・強さなど ザ・ビュ

バニア/バトル5
バニア★5限定「究極」攻略/適正パーティ/雪深き森のおてんばバニー

バニア降臨(★5限定)の評価・強さなど バニアは「木属性

アンバー進化
「アンバー」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

アンバーの評価 「光属性」「バランス型」のモンスター。種

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑