*

「円卓の騎士王アーサーMV(劇場版仕様)」は強い?適正クエスト、神化、獣神化の評価

公開日: : 最終更新日:2018/10/03 モンスター情報

アーサーMV神化

円卓の騎士王アーサーMV(劇場版仕様)の評価

「光属性」「バランス型」のモンスター。種族は「聖騎士族」です。

ボールタイプが神化、獣神化は「反射タイプ」になります。

2016年12月10日から開始された「モンスターストライク THE MOVIE」で追加され、2018年09月30日から獣神化が追加されたモンスターです。

アビリティーが神化は「アンチ重力バリア/アンチダメージウォール」の「ダブルアビリティー」もち、獣神化は「アンチ重力バリア/アンチダメージウォール」と「アンチワープ/SSターン短縮(ゲージショット)」の「フォースアビリティー」を持つ特徴があります。

適正クエスト

神化(劇場版仕様)はアンチ重力バリアとアンチダメージウォールもち

アンチ重力バリアとアンチダメージウォールもちでゲージショットはありませんからミスの心配は無いですし、汎用性が高く攻略できるクエストの範囲が広いモンスターになります。
ワープや地雷などのギミックに対応出来ない事が難点です。

獣神化(劇場版仕様)はフォースアビリティもち

アビリティーは「アンチ重力バリア/アンチダメージウォール」と「アンチワープ/SSターン短縮(ゲージショット)」もちです。
アンチ重力バリアとアンチダメージウォールもちになりますので大変汎用性がありますし、ワープに対応が出来るアンチワープとSSターン短縮も付いているモンスターになります。
ワープや地雷などのギミックに対応出来ない事が難点です。

友情コンボはレーザー系

友情コンボが神化(劇場版仕様)は「ロックオンワンウェイレーザーEL」と「十字レーザーL」、獣神化(劇場版仕様)は「ワンウェイレーザーEL」と「全敵ロックオンレーザーL」になります。
神化、獣神化のワンウェイレーザーELは高火力で、神化の十字レーザーLや獣神化の全敵ロックオンレーザーLも含めて雑魚にもボスにも有効です。

神化(劇場版仕様)は波動砲を放つストライクショット

神化は25ターンで発動する「狙った方向に、聖なる波動砲を放つ」ストライクショットになります。
移動せずにその場から狙った方向に波動砲を放つSSは高火力で大変優秀です。

獣神化は十字砲のあと剣で追い討ちするストライクショット

獣神化(劇場版仕様)は25+5ターンで発動する「狙った方向に反射十字砲を放ち、全ての敵に剣で追い打ち」ストライクショットになります。
進化、神化同様に移動せずにその場から狙った方向に十字砲を放つSSで火力もありますし、雑魚もボスもすべての敵に剣で追い討ちもしてくれますからボス戦では重宝する事間違いなしです。

獣神化は25ターンでも発動できますが30ターンまで貯めてから発動が出来れば更に倍率が上がる形で攻撃が可能になります。

獣神化には手間がかかる

獣神化するには素材として獣神竜・光が必要です。
獣神竜・光は金曜日に出現するクエスト「光の獣神竜を求めて」をクリアして獲得できる獣神竜・光ですが、ドロップ率が低く集めるには手間がかかると思われますので注意しましょう。

アーサー(神化劇場版仕様)のステータス

※レベル最大時のステータスです。()内はタス上限の値。

●英雄の証
あり

円卓の騎士王アーサーMV(神化劇場版仕様)

アーサーMV神化

●ステータス
HP:17748(+4200)=最大「21948」
攻撃力:22565(+3300)=最大「25865」
スピード:255.57(+38.25)=最大「293.82」

●ストライクショット
ナイツ・オブ・ラウンド/狙った方向に、聖なる波動砲を放つ/25ターン

●友情コンボ
ロックオンワンウェイレーザーEL(威力:24255)
十字レーザーL(威力:6187)

●アビリティ
・アンチ重力バリア
・アンチダメージウォール

●ラックスキル
クリティカル

不滅なる円卓の騎士王アーサーMV(獣神化劇場版仕様)

アーサーMV獣神化

●獣神化素材

アーサーMV獣神化素材

進化、神化から
獣神竜・光 5体
獣神玉 2個
光獣石 50個
光獣玉 30個

●ステータス
HP:25652(+0)=最大「25652」
攻撃力:23628(+0)=最大「23628」(ゲージショット成功時:28354 キラー発動時:42531)
スピード:412.37(+0)=最大「412.37」

●ストライクショット
ライト・オブ・エクスカリバー/狙った方向に反射十字砲を放ち、全ての敵に剣で追い打ち/25+5ターン

●友情コンボ
ワンウェイレーザーEL(威力:24255)
全敵ロックオンレーザーL(威力:10250)

●アビリティ
・アンチダメージウォール
・アンチ重力バリア
・アンチワープ(ゲージショット)
・SSターン短縮(ゲージショット)

●ラックスキル
クリティカル

円卓の騎士王アーサーMV(劇場版仕様)はオススメ?

※ 出現時から円卓の騎士王アーサーMVですのでアーサーと合成するとラックが上がりますが、進化などに変換は出来ません。

獣神化の不滅なる円卓の騎士王アーサーがおススメになります。

フォースアビリティもちで友情コンボのレーザー系だけでなく高火力な追い討ち付きSSはダメージを与えやすく扱いやすいモンスターです。

神化もアンチ重力バリアとアンチダメージウォールのゲージ無しダブルアビリティーで大変使い勝手が良く、友情コンボのロックオンワンウェイレーザーELとSSの何処からでも攻撃出来るレーザー攻撃は強力で優秀ですし、聖騎士族ですのでキラー対象となりにくい利点があります。
神化、獣神化共にワープや地雷等のギミックに対応出来ない事が難点です。

管理人がリセマラで当たったら?

劇場版仕様の限定モンスターになりますので獲得ができればすぐに育ててみたいモンスターになります。
初心者に限らずどのような場面でも活躍が期待できますのでリセマラは終了するでしょう。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

モンスト「コルセア」

【モンスト】ワイルドキャット/コルセアは強い?適正クエスト、進化・神化の評価

コルセア/ワイルドキャットの評価 「木属性」「スピード型」のモンスター。種族は「ユニオ

記事を読む

リバティ神化

「リバティ」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

リバティの評価 「光属性」「砲撃型」のモンスター。種族は「亜人族」です。 ボール

記事を読む

モスラ

「モスラ」は強い?適正クエスト、進化の評価

モスラの評価 「木属性」「スピード型」のモンスター。種族は「怪獣」です。 ボール

記事を読む

スサノオ神化

「スサノオ」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

スサノオの評価 「水属性」「スピード型」のモンスター。種族は「神族」です。 ボー

記事を読む

天馬星座の星矢神化

「天馬星座の星矢(ペガサスセイヤ)」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

天馬星座の星矢(ペガサスセイヤ)の評価 「光属性」「砲撃型」のモンスター。種族は「青銅

記事を読む

ラー神化

「ラー」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ラーの評価 「光属性」「バランス型」のモンスター。種族は「神族」です。 ボールタ

記事を読む

ハーレーX獣神化

「ハーレーX」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ハーレXーの評価 「闇属性」「パワー型」のモンスター。種族は「魔族」です。 ボー

記事を読む

黄泉(よみ)進化

「黄泉(よみ)」は強い?適正クエスト、進化の評価

黄泉(よみ)の評価 「木属性」「砲撃型」のモンスター。種族は「魔族」です。 ボー

記事を読む

ワイアット・アープ/神化

モンスト「ワイアット・アープ」は強い?ステータスと評価

ワイアットアープ降臨「究極」攻略はこちら ワイアット・アープの評価

記事を読む

ラファエル獣神化

「ラファエル」は強い?適正クエスト、進化・神化・獣神化の評価

ラファエルの評価 「水属性」「バランス型」のモンスター。種族は「妖精族」です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

朽木白哉/バトル5
朽木白哉降臨「超究極」攻略/適正パーティ/死闘決着!白き誇りと黒き想い

朽木白哉降臨の評価・強さなど 朽木白哉は「火属性」で「死

藍染惣右介/バトル4
藍染惣右介降臨「究極」攻略/適正パーティ/藍染、立つ!恐るべき野望

藍染惣右介降臨の評価・強さなど 藍染惣右介は「闇属性」で

砕蜂/バトル6
砕蜂「極」攻略/適正パーティ/超速の戦い!武の女神、決す

砕蜂の評価・強さなど 砕蜂は「木属性」で「スピード型」の

東仙要/バトル6
東仙要「極」攻略/適正パーティ/処刑の朝

東仙要の評価・強さなど 東仙要は「水属性」で「バランス型

市丸ギン/バトル5
市丸ギン降臨「究極」攻略/適正パーティ/市丸ギンの誘惑、崩された覚悟

市丸ギン降臨の評価・強さなど 市丸ギンは「光属性」で「バ

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑