*

ゼットン降臨 「究極」攻略/適正パーティ/さらばウルトラマン

公開日: : 最終更新日:2016/08/10 降臨・イベントクエスト攻略

ゼットン攻略

ゼットン降臨の評価・強さなど

ゼットンは「火属性」で「バランス型」の「怪獣」モンスターです。
ボールタイプは「貫通タイプ」で、アビリティーは「アンチワープ/アンチウィンド」の「ダブルアビリティー」もちになります。

友情コンボは、進化が「バーティカルレーザーL」です。

ワープに対応出来るアンチワープとウィンド攻撃の影響を受けないアンチウィンドもちで、友情コンボがバーティカルレーザーLになりますから砲台としても活躍できるモンスターになります。
ゼットンバリアで敵の攻撃を防ぐSSはボス戦にて早目に発動が出来れば大変優秀ですが、メジャーギミックなどに対応出来ない事が難点です。
素材としての使い実はありませんし積極的に育てる必要性はありませんがコラボものなので出来れば手元に置いておく事がいいでしょう。
ワープ対応と高火力での編成をして早目に倒していかないと面倒なクエストで期間限定のコラボものではありますが根気よく周回出来れば運極にする事は可能です。
(期間中はいつでも攻略が可能で直ドロップのみでの獲得になりますから100回クリアすれば運極が必ず完成します)
(※ ウルトラマンコラボではピグモンを集めるとゼットンに引き換える事も可能です)

素材としての使い道

・素材としての使い道はありません。

「ゼットン究極」ギミックの特徴

ワープ:対策重要
地雷:対策重要
・ビットン
・蘇生
・レーザーバリア
・攻撃力ダウン
・からくりヒーリングパネル

ワープと地雷が発生しますのでアンチワープとマインスイーパーもちで編成する事が理想的です。
からくりヒーリングパネルの上にレーザーバリアを纏った雑魚やビットンが配置されていますしどちらも蘇生されますので早目早目に倒していく事が重要になります。
ボス戦では雑魚から2ターンごとに攻撃力ダウンがありますので常に攻撃しやすい位置取りを心がけましょう。

ボスの種族と属性

ゼットンは「怪獣」の「火属性」なので、「怪獣キラー」や「火属性キラー」のモンスターが活躍します。
中でも、アンチワープと飛行と怪獣キラーもちのウルトラセブン(進化)が最適です。
また、アンチワープと火属性キラーもちの天草四郎(神化)やマインスイーパーと怪獣キラーもちのメカゴジラ(進化)もおススメになりますが地雷やワープには対応していないので注意が必要になります。
ボスがキラーもちではありませんのでどの種族を編成しても問題はありません。

「ゼットン究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

ウルトラセブン(進化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で飛行が付いていますから地雷は避けられますし怪獣キラーもちですからボスにダメージを与えやすい事や友情コンボの貫通ロックオン衝撃波6は雑魚にもボスにも有効です。

天草四郎(神化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で火属性キラーが付いていますからステージ全体で重宝しますし友情コンボの貫通ホーミングが雑魚処理にも有効です。

ローレライ(神化)
アンチワープとマインスイーパーもちモンスターです。水属性の貫通タイプで友情コンボの超強貫通ホーミングが雑魚処理に有効です。

ヤタガラス(八咫烏)(進化、神化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で飛行が付いていますから地雷は避けられますし友情コンボは進化がスピードUP、神化が超強ホーミング8と反射衝撃波6になりますから臨機応変に使っていきましょう。

鈴蘭(神化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で飛行が付いていますから地雷は避けられますしスピードがありますので友情コンボを誘発させるのに優秀です。

ローザ(神化)
アンチワープもちモンスターです。闇属性で飛行が付いていますから地雷は避けられますし友情コンボの超強貫通拡散弾EL3とウェーブは雑魚にもボスにも有効です。

ダルタニャン(進化)
アンチワープとマインスイーパーもちモンスターです。水属性の貫通タイプで友情コンボの拡大爆破弾はボスの近くで発動出来れば大ダメージに繋がりますし砲撃型のSSは何処からでも狙えるので重宝します。

妲己(進化)
アンチワープとマインスイーパーもちモンスターです。闇属性で友情コンボの氷塊や巻き込み爆発型のSSは強力です。

降臨系モンスターの適正モンスター

メカゴジラ(進化)
マインスイーパーもちモンスターです。水属性で怪獣キラーが付いていますからボスにダメージを与えやすいですし友情コンボの貫通ホーミングは雑魚処理に向いています。

ツクヨミ
アンチワープとマインスイーパーもちモンスターです。闇属性の貫通タイプで友情コンボの落雷が雑魚処理にも有効で回復付き乱打系SSはボス戦で重宝します。

のび太(エアコンスーツ)(進化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で飛行が付いていますから地雷は避けられますし友情コンボの貫通拡散弾EL3や乱打してHPを回復するSSはボス戦で重宝します。

リリス(進化)
アンチワープもちモンスターです。水属性でステータスが高く友情コンボのバーティカルレーザーがレーザーバリア以外の雑魚処理にも有効ですし、SSがメテオ系と2ターン遅延なのでボス戦には重宝します。

エメラルドドラゴン(神化)
飛行とアンチワープもちモンスターです。光属性でHPが高くスピードが速いのと友情コンボが大爆発なのでサポート的にも優秀です。

ヤマトタケル
アンチワープもちモンスターです。水属性で友情コンボのロックオンワンウェイレーザーが雑魚にもボスにも有効ですし、SSが貫通タイプになりますので弱点を直接狙えて有効です。

毘沙門天
アンチワープもちモンスターです。水属性の貫通タイプで友情コンボのダンクレーザーELは雑魚にもボスにも優秀ですしSSはメテオ系なのでボス戦では重宝します。

大黒天
アンチワープもちモンスターです。光属性でHPが高く編成できれば安定しますし友情コンボの電撃は有効打になります。

おすすめのパーティー構成

天草四郎(神化)…AW+火属性キラー
ローレライ(神化)…AW+MS
メカゴジラ(進化)…MS+怪獣キラー

フレンド枠
ウルトラセブン(進化)…AW+飛行+怪獣キラー

ステージ攻略

ゼットンは、ワープと地雷が発生しますのでアンチワープとマインスイーパーもちで編成する事が理想的です。
雑魚とビットンを倒さないとからくりヒーリングパネルが現れませんので出来るだけ早く倒して回復を常に行ないながら、蘇生をされたらまた倒すの繰り返し作業が重要になります。
ボスの攻撃力も高いですしボス戦ではバリアを発生させてどれだけ攻撃してもダメージをほぼ与えられませんからSSの発動には注意しておきましょう。
ボスも雑魚も火属性ですから水属性で編成すればダメージ量を抑える事が出来ておススメです。
怪獣キラーや火属性キラーもちを編成に組み込めればボス戦も比較的スムーズに進められます。

バトル1

ゼットン/バトル1雑魚3体のステージです。
雑魚もビットンもHPは低いですが地雷やワープの発生がありますし雑魚の下にはからくりヒーリングパネルが隠れていますので先に倒します。
右上の蘇生雑魚によって雑魚が蘇生されますので回復をさせながら倒していきましょう。
次のステージに備えてキラーもちは左下に、他は右上に位置取りしておきます。

バトル2

ゼットン/バトル2中ボス1体と雑魚2体のステージです。
中ボスが3ターンごとに雑魚とビットンを蘇生させますが雑魚の下にからくりヒーリングパネルが隠れていますので先に倒します。
中ボスは左や下でカンカン攻撃をして倒していきましょう。
次のステージに備えて四隅に位置取り出来れば理想的です。

バトル3

ゼットン/バトル3中ボス1体と雑魚3体のステージです。
前のステージ同様、雑魚やビットンを先に倒しながら回復を心がけます。
中ボスに左から攻撃をして倒しながら蘇生された雑魚やビットンを倒していきましょう。
次のステージからボス戦になりますしボスの1ターン目は高火力の攻撃がありますのでHPを確実に回復させながら右下と左上に位置取り出来れば理想的です。

バトル4

ゼットン/バトル4ボス1戦目です。
ボスHPは約140万ほどです。
雑魚2体を先に倒しながらビットンも破壊しておきます。
ボスから1ターン目に発動される火炎弾の攻撃は高火力で大ダメージを受けてしまいますからからくりヒーリングパネルで回復を心がけながらボスの右から攻撃していきましょう。
3ターンごとにボスはバリアを展開させてダメージをほぼ受けませんし蘇生もしてきますので雑魚処理をしながらボスを倒します。
次のステージに備えて右中、左上、左下に位置取り出来れば理想的です。

バトル5

ゼットン/バトル5ボス2戦目です。
ボスHPは約240万ほどです。
前のステージ同様、雑魚3体を出来るだけ早く倒します。
ボスの1ターン目に受けたダメージをからくりヒーリングパネルで回復させながらボスの上や右から攻撃して倒していきましょう。
ボスのバリアや蘇生など発動ターンに注意しながら雑魚処理を常にしながらボスを倒していきましょう。
次のステージに備えて全体にバランス良く位置取りする事が理想的になります。

バトル6

ゼットン/バトル6ボス最終面です。
ボスHPは約380万ほどです。
1ターン目に出来るだけ雑魚を倒しておきます。
ボスの攻撃で受けたダメージをからくりヒーリングパネルで回復させながらSSを発動させてボスを倒していきましょう。
3ターンごとのバリア発生時にSSを発動させてもボスにダメージを与えられませんので発動の際には注意する事と、雑魚の蘇生もありますから雑魚処理を怠らない様に進めていきます。
キラーもちなどでボスの下から攻撃できればダメージを与えやすいですし巻き込み系や号令系のSSでボスを倒し切りましょう。

まとめ:雑魚を1ターン目に出来るだけ多く倒す事が肝心になるクエスト

ワープと地雷が発生しますのでアンチワープとマインスイーパーもちで編成する事が理想的です。
雑魚とビットンを破壊しないとからくりヒーリングパネルが発生しませんし、雑魚の蘇生やボスからの1ターン目(次回は5ターン後)攻撃で大ダメージを受けてしまいますから雑魚処理と確実に回復をさせながら進めていきましょう。
クエスト自体は攻撃力が高くダメージ量が増えやすいですので大変面倒ですが「アンチワープとマインスイーパー」もちの「火属性キラーや怪獣キラー」を編成していれば難易度も下がるクエストですから、きちんと対策をしてから始める事が必要になります。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

お花見オラゴン/バトル6

お花見オラゴン降臨「究極」攻略/適正パーティ/オラ様の満開桜日和

お花見オラゴン降臨の評価・強さなど お花見オラゴンは「水属性」で「ドラゴン族」の「バラ

記事を読む

サテライト「究極」攻略/バトル5

サテライト降臨「究極」攻略/適正パーティ/衛星少女的孤独

「サテライト降臨」の評価・強さなど サテライトは「闇属性」で「反射タイプ」「砲撃型」の

記事を読む

疑心暗鬼/バトル4

疑心暗鬼★5限定「究極」攻略/適正パーティ/疑心と不信の暗黒鬼談

疑心暗鬼降臨(★5限定)の評価・強さなど 疑心暗鬼は「闇属性」で「スピード型」の「魔族

記事を読む

沢下条張/バトル4

沢下条張「極」攻略/適正パーティ/恐るべき無情の刺客!

沢下条張の評価・強さなど 沢下条張は「木属性」で「スピード型」の「亜人族」モンスターで

記事を読む

英雄の神殿/水属性「秘泉の神殿 時の間/バトル4

英雄の神殿/水属性「秘泉の神殿 時の間/修羅場」適正モンスター攻略

●関連記事 水属性「秘泉の神殿/修羅場」の攻略はこちら 「秘泉の神殿/修羅場/時の間

記事を読む

ベヒーモス降臨 「究極」攻略/バトル6

ベヒーモス降臨 「究極」攻略/適正パーティ/天界の神が創りし傑作

「ベヒーモス降臨」の評価・強さなど ベヒーモスは「光属性」で「反射タイプ」「パワー型」

記事を読む

兀突骨(ごつとつこつ)/バトル5

兀突骨(ごつとつこつ)「極」攻略/適正パーティ/黒き蛮勇の雄叫び

兀突骨(ごつとつこつ)の評価・強さなど 兀突骨(ごつとつこつ)は「闇属性」で「スピード

記事を読む

ピタゴラス/バトル4

ピタゴラス降臨「究極」攻略/適正パーティ/必修!ピタゴラス式勉強術

ピタゴラス降臨の評価・強さなど ピタゴラスは「闇属性」で「バランス型」の「亜人族」モン

記事を読む

モンスト「タランチュラス」バトル3

【モンスト】タランチュラス「極」攻略/適正パーティ/冷酷蜘蛛の侵攻を阻止せよでは

タランチュラスの評価・強さなど タランチュラスは「水属性」で「バランス型」の「ロボット

記事を読む

ゴモラ/バトル4

ゴモラ降臨「究極」攻略/適正パーティ/怪獣殿下

ゴモラ降臨の評価・強さなど ゴモラは「木属性」で「怪獣」の「パワー型」モンスターです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

朽木白哉/バトル5
朽木白哉降臨「超究極」攻略/適正パーティ/死闘決着!白き誇りと黒き想い

朽木白哉降臨の評価・強さなど 朽木白哉は「火属性」で「死

藍染惣右介/バトル4
藍染惣右介降臨「究極」攻略/適正パーティ/藍染、立つ!恐るべき野望

藍染惣右介降臨の評価・強さなど 藍染惣右介は「闇属性」で

砕蜂/バトル6
砕蜂「極」攻略/適正パーティ/超速の戦い!武の女神、決す

砕蜂の評価・強さなど 砕蜂は「木属性」で「スピード型」の

東仙要/バトル6
東仙要「極」攻略/適正パーティ/処刑の朝

東仙要の評価・強さなど 東仙要は「水属性」で「バランス型

市丸ギン/バトル5
市丸ギン降臨「究極」攻略/適正パーティ/市丸ギンの誘惑、崩された覚悟

市丸ギン降臨の評価・強さなど 市丸ギンは「光属性」で「バ

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑