*

オリガ降臨 「究極」攻略/適正パーティ/絶対零度

公開日: : 降臨・イベントクエスト攻略

オリガ降臨 「究極」攻略

「オリガ降臨 」の評価・強さなど

オリガは進化しかない、水属性の貫通タイプです。
スピードは高いのでハートを狙いには行けますが、アンチ重力バリアやアンチダメージウォールなどのメジャーギミックにも対応してなので連れて行けるクエストは限られてくるかと思います。
神キラーを持っていますが、上記のようにメジャーアビリティに対応していないため使い勝手が悪い印象があるモンスターです。

「オリガ 究極」ギミックの特徴

・シールド

出てくるギミックは、最終戦のシールドのみ。
正し、雑魚はともかくオリガの攻撃が高いので、早期決戦が望ましいクエストです。
高火力の力押しもしくは、魔王キラーで固めればスムーズにクリアできるでしょう。

ボスの種族と属性

オリガは「魔王族」で「水属性」ですので、「魔王キラー」や「魔封じ」のモンスターがアタッカーとして活躍できます。
木属性、魔王キラー」のキャラクターが最適となります。

フルールは木属性の魔王キラーLもちモンスターのためかなり使えますオススメです。
シールドが最後に出ますが、シールドブレイカーを連れて行くほどではありません。

「オリガ 究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

モンタナ(進化)
魔王キラーLもちモンスター。ボスに有効であり、壁カンカンやSSでワンパンを狙えます。

デネブ(進化)
木属性で魔王キラーもちモンスター。反射レーザーにキラーも上乗せ。貫通タイプになるSSは直接ボスの弱点をつきにいけます。

モンストクローバー(神化)
ゲージショットだが、木属性の魔王キラーもちモンスターです。

ベルフェゴール(神化)
木属性で水属性キラー持ちモンスター。壁カンも強力でホーミングが雑魚処理に有効です。

降臨系モンスターの適正モンスター

フルール
木属性の魔王キラーLを持ちで有利に戦えます。
属性有利の上、キラーによる壁カンも強力でホーミングが雑魚処理に有効です。

クシナダ
友情コンボのプラズマは雑魚処理に有効です。SSはどこからでも仲間を動かせるのでボス戦でも有効に使うことができます。

ダークドラゴン(神化)
魔王キラーL持ち。
スピードが高く、壁カンも強力上、運枠としても同行可能。

エメラルドドラゴン(進化)
魔王キラーLもちモンスターです。
弱点に当たれば、乱打系SSとは言え、大ダメージを狙えます。

マリーアントワネット(神化)
魔王キラー持ちモンスターです。貫通なのでクシナダが居ればセットで連れて行けます。

おすすめのパーティー構成

フルール…魔王キラーL
クシナダ…強力SS+強力友情コンボ
ダークドラゴン(神化)…魔王キラーL持ち。

フレンド枠
モンタナ(進化)…魔王キラーL

ステージ攻略

ボス戦は2面だけなので、雑魚戦でしっかりSSを貯めておきましょう。
ただし、オリガの攻撃は痛いので、クロスレーザーの来ない位置取りを心がけ、キラー持ちで壁カンを狙いましょう。
雑魚戦が増える場合あり。(下記まとめに記入)

バトル1

オリガ降臨 「究極」攻略雑魚だけのステージで被ダメージは気にするほどではありません。
HPが高いだけなのだが、気になるようなら、リドラから倒しましょう。
(何色のリドラが出るかは不明)

バトル2

オリガ降臨 「究極」攻略バトル1同様雑魚だけのステージです。
SSを貯めつつ倒せば、特に問題はないでしょう。
(リドラの発射方向がランダムなので、一発も当たらない場合もある)

バトル3

オリガ降臨 「究極」攻略中ボスのオリガが登場します。
メテオが7ターンに1度と螺旋拡散弾が痛い上に、HPが300万もあるので集中して倒しましょう。
クロスレーザーの位置取りを気にしつつ、危ないようならSSを使うのも一つの手です。

バトル4

オリガ降臨 「究極」攻略また、全バトル同様、雑魚しか出ないステージです。
回復やSSを貯めつつ、リドラの攻撃が気になるなら、先に倒しましょう。

バトル5

オリガ降臨 「究極」攻略まだまだ、続く、雑魚ステージです。
それでも、次がボス戦なので、リドラを先に倒し弱い雑魚やハートを残しつつ、SS等の準備をしておきましょう。

バトル6

オリガ降臨 「究極」攻略22ターン。
ボス初戦 ボスHPは約280万ほどです。
敵の攻撃力がかなり高いので、早目にキラー持ちモンスターのカンカンで倒してしまおう。
この時、雑魚が邪魔なので、先に倒してしまっても良いですが、オリガが真ん中なので、少し狙いづらい場合もあります。
オリガの上のリドラとの間でカンカンできれば理想だですが、そこに固まってしまうと、ワンウェイやウロスレーザーによりダメージを受けてしまう場合もあります。SSを放つ場合は注意が必要です。

バトル7

オリガ降臨 「究極」攻略ボス最終面です。
ボスHPは約520万ほどです。
オリガの上で位置取り、キラー持ちモンスターで狙うか、号令系のSSで早期決戦を狙いましょう。
相手の攻撃力が高い為、クロスレーザーの上部位置にだけ気を付けよう。
ボス初戦同様、雑魚が邪魔だがSSに絡めて削ってしまえば問題ないでしょう。
(※貫通系が居れば、ハートも取りやすいです。)

まとめ:ボス戦までにきっちりSSを貯めておく事が肝心になるクエスト

短期決戦、集中攻撃で一気に攻めてしまえば、ギミックはシールドだけなので、なんなくスピクリを狙えるクエストです。
上記おすすめ以外ので、神属以外の高火力モンスターで押し切ってしまうのも、一つの手です。

注意:雑魚戦が4戦まで続き、5中ボスオリガ、6雑魚戦、7ボス戦1、8ボス戦ラストになる場合もあります。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

己亥シシジロー&ウリリ/バトル5

己亥シシジロー&ウリリ降臨 「究極」攻略/適正パーティ/猪突猛進!初夢ストライク

己亥シシジロー&ウリリ降臨の評価・強さなど 己亥シシジロー&ウリリは「闇属性」で「亜人

記事を読む

モンスト「ティガレックス降臨」

【モンスト】ティガレックス攻略!アンチ重力バリアがあればOK!

2014/9/24に初降臨となったティガレックス。 モンスターハンターとモンストのコラボにて実

記事を読む

モルガン/バトル4

モルガン「極」攻略/適正パーティ/傍若無人の妖姫

モルガンの評価・強さなど モルガンは「闇属性」で「スピード型」の「魔人族」モンスターで

記事を読む

丁酉(ひのととり)コッコ/バトル4

丁酉(ひのととり)コッコ降臨 「究極」攻略/適正パーティ/はばたけ!初夢ストライク

丁酉(ひのととり)コッコ降臨の評価・強さなど 丁酉(ひのととり)コッコは「木属性」で「

記事を読む

ダイナ/バトル6

ダイナ降臨攻略/適正パーティ/原始竜の黒い翼

ダイナ降臨の評価・強さなど ダイナは「闇属性」で「ドラゴン族」の「バランス型」モンスタ

記事を読む

小豆あらい/バトル6

小豆あらい「極」攻略/適正パーティ/奇怪仕掛けの圧倒的洗浄力

小豆あらいの評価・強さなど 小豆あらいは「光属性」で「バランス型」の「ロボット族」モン

記事を読む

ナッシュ/バトル6

ナッシュ降臨「究極」攻略/適正パーティ/変わり果てた復讐者

ナッシュ降臨の評価・強さなど ナッシュは「木属性」で「ファイター族」の「スピード型」モ

記事を読む

ファング/バトル4

ファング「極」攻略/適正パーティ/月夜の森に響く遠吠え

ファングの評価・強さなど ファングは「木属性」で「スピード型」の「亜人族」モンスターで

記事を読む

戸愚呂弟(とぐろおとうと)100%/バトル4

戸愚呂弟(とぐろおとうと)100%降臨「超究極」攻略/適正パーティ/戸愚呂100%の恐怖!

戸愚呂弟(とぐろおとうと)100%降臨の評価・強さなど 戸愚呂弟(とぐろおとうと)10

記事を読む

ナーガ/バトル6

ナーガ★5限定「究極」攻略/適正パーティ/深きパーターラの蛇神

ナーガ降臨(★5限定)の評価・強さなど ナーガは「光属性」で「バランス型」の「ドラゴン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

野上冴子/バトル6
野上冴子「極」攻略/適正パーティ/敏腕なる美人刑事

野上冴子の評価・強さなど 野上冴子は「水属性」で「バラン

シティーハンター1コラボ_st00
「シティーハンター」コラボ(劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ)第1弾 2019年01月版

「劇場版シティーハンター 」コラボの期間 今回のコラ

黒陽の蛇王/バトル5
黒陽の蛇王攻略/適正パーティ/興奮のスタジアム2019

黒陽の蛇王の評価・強さなど 黒陽の蛇王は「闇属性」で「ド

蒼弾の大盗賊/バトル5
蒼弾の大盗賊攻略/適正パーティ/興奮のスタジアム2019

蒼弾の大盗賊の評価・強さなど 蒼弾の大盗賊は「水属性」で

クレイジーショーシャ/バトル4
クレイジーショーシャ「極」攻略/適正パーティ/出陣!城門めがけて一直線

クレイジーショーシャの評価・強さなど クレイジーショーシ

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑