*

桃太郎「究極」攻略/適性パーティー/吉備ノ国の赤き剣士

桃太郎「究極」攻略/モンスト

「桃太郎」の評価・強さなど

桃太郎は神化が鈍足であるもののアンチダメージウォールを持った高い攻撃力のモンスターです。SSも号令系のため、連れていけるクエストも多いモンスターです。

また、進化はスピード型で全体的にステータスがよく、アンチ重力バリアもちモンスターとしてかなり使えるので、目指せるのであれば運極を目指しましょう。
ノンノやハーメルンといった神化素材にも使うモンスターなので、できるだけクリアしてゲットしておきましょう。

「桃太郎 究極」ギミックの特徴

・ワープ
・重力バリア
・蘇生
・魔族キラー

ワープが大量出現します。アンチワープもちのモンスターを二体は連れて行きましょう。
また、重力バリアをボスがまとっているため、動き回れるようアンチ重力バリアもちモンスターもパーティに加えると良いです。
進化前の桃太郎が魔族キラーのため、魔族をつれていくときは注意しましょう。

ボスの種族と属性

桃太郎は「火属性」で「亜人族」なので、「水属性」や「亜人キラー」のモンスターが適しています。
ギミックにワープと重力バリアがあり、多くはられてしまうので「アンチワープ」「亜人キラー」「アンチ重力バリア」をもったモンスターをつれていくと良いでしょう。

「桃太郎 究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

MDTスカイアーマー(蒼野進化)
アンチ重力バリアでアンチワープもちモンスター。攻撃力が高く、SSでボスをワンパンすることもできます。

劉備(神化)
アンチ重力バリアでアンチワープもちモンスター。SSが号令系なので雑魚も一掃できます。

ナポレオン(進化)
重力バリアもちモンスター。ワープにハマってしまうものの、貫通系なので雑魚が多いこのクエストで回復アイテムを自由に取りにいくことができます。
SSも号令系であり火力モンスターとしてもつれていけます。

ギルガメッシュ(進化)
アンチワープもちで亜人キラーのモンスター。貫通タイプのため、ボスキラーということもあり、ボスの弱点を狙うことで高いダメージを与えることができます。

降臨系モンスターの適正モンスター

イザナミ(進化)
アンチワープとアンチ重力バリアもちモンスター。
メテオSSで雑魚を一掃することもでき、友情コンボがクエスト全体でダメージソースになります。

ジャック(進化)
アンチワープとアンチ重力バリアもちモンスター。友情コンボ、ストライクショット共にヒット数が稼げるのでアイテムを出して有利に戦うことができます。

クイーンバタフライ(神化)
アンチ重力バリアもちモンスター。ステータスが高く、運枠として連れて行けます。
進化前の桃太郎が魔族キラーなので、注意が必要。

ティーガーI
水属性+アンチ重力バリアもちモンスター。HPが高いため、増強モンスターとして連れて行けます。

おすすめのパーティー構成

クイーンバタフライ(神化)…AGB 運枠
MDTスカイアーマー(蒼野進化)…AGB+AW+強力SS
イザナミ…AW+AGB+SSメテオ+友情レーザー

フレンド
イザナミ…AW+AGB+SSメテオ+友情レーザー

ステージ攻略

雑魚もボスも攻撃力が高いです。ボスは近づきすぎるとあっけなくやられてしまうので注意しましょう。

バトル1

桃太郎「究極」攻略/バトル1この面の雑魚は攻撃力が低いので、まず蘇生を防ぐために斜めに並ぶ蘇生モンスターを倒していきましょう。
蘇生を倒せば後は残りの雑魚を倒すだけなので、回復アイテムが出現している場合はSSをここでためてしまってもいいです。

バトル2

桃太郎「究極」攻略/バトル2被ダメを抑えるためにまずは蘇生モンスターを倒しましょう。
次にリドラ、次にワープを倒し、中ボスを倒します。

バトル3

桃太郎「究極」攻略/バトル3地味に炎雑魚の攻撃力が高いです。近づきすぎると被ダメが増えてしまうのでまずは蘇生モンスターを倒してから雑魚を倒し、
中ボスを倒しましょう。中ボスのHPは低いので、中ボスの左側や下でカンカン出来る場合は一気にHPを削ってしまいましょう。
また、中ボスは魔族キラーなため、魔族が多いパーティならば中ボスをはやめに倒し、被ダメを抑えることをオススメします。

バトル4

桃太郎「究極」攻略/バトル4ボス1戦目です。
ボス戦はどのステージも雑魚、ボスともに攻撃力が高いです。中でもボスの爆発攻撃は一体につき近距離で食らった場合10000以上のダメージを受けてしまいます。
ボスに近づきすぎないように雑魚を倒し、ボスのHPを削っていきましょう。
ボス右側でカンカンするとHPをはやく削ることができます。

バトル5

桃太郎「究極」攻略/バトル5ボス2戦目です。
雑魚の攻撃力が異常に高いです。まずは蘇生モンスターを倒し、雑魚を減らして被ダメを抑えましょう。
この面でもボスの爆発系攻撃が痛いです。近距離戦にならないように友情コンボなどを使って倒しましょう。

バトル6

桃太郎「究極」攻略/バトル6雑魚の攻撃力は高いですが、蘇生モンスターを倒すよりもSSでかたをつけてしまったほうが早いです。
できるのであれば号令系SSで雑魚処理をしつつボスのHPを削っていきましょう。カンカンはボスが中央にいることからできないので、
イザナミなど強力な友情コンボを利用すると攻略が楽になります。

まとめ:雑魚を処理しつつボスには近づかないようにプレイすれば勝ちやすい

雑魚もボスも比較的攻撃力が高いのでターン数がかさむとやられてしまいます。
ボスの攻撃は近づくと多くダメージをくらってしまうので近づきすぎないよう位置取りに気をつけるのが鉄則といえます。

クリアでドロップする桃太郎は降臨モンスターの中で優秀な部類に入るので、一体は手にしておきたいです。
運極を目指すのも良いモンスターであるといえます。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

Xの覚醒3極/バトル6

Xの覚醒3「極」攻略/適正パーティ/Xの覚醒3-極-

Xの覚醒3極:出現モンスターの評価・強さなど Xの覚醒3極に出現するボスは、3種類にな

記事を読む

ジェダイト/バトル5

ジェダイト「究極」攻略/適正パーティ/魔の6時のバス

ジェダイト降臨の評価・強さなど ジェダイトは「火属性」で「バランス型」の「鉱物族」モン

記事を読む

ハートの女王降臨/バトル3

ハートの女王降臨「究極」攻略/適正パーティ/激情のキラークィーン

ハートの女王降臨の評価・強さなど ハートの女王は「火属性」で「バランス型」の「魔族」モ

記事を読む

ダースベイダー/バトル6

ダースベイダー降臨「究極」攻略/DARK LORD OF THE SITH

ダースベイダー降臨の評価・強さなど ダースベイダーは「闇属性」で「亜人族」の「バランス

記事を読む

ゼブライザー/バトル7

ゼブライザー「極」攻略/適正パーティ/暗黒時代!蔓延る縞の暴徒

ゼブライザーの評価・強さなど ゼブライザーは「闇属性」で「バランス型」の「獣族」モンス

記事を読む

クラブロン/バトル6

カニ怪人クラブロン【極】攻略/適正パーティ/復讐の赤い爪

カニ怪人クラブロンの評価・強さなど カニ怪人クラブロンは「火属性」で「パワー型」の「魔

記事を読む

モンスト「ビオランテ」究極攻略

ビオランテ「究極」ノーコン攻略!サムライキラー…でも龍馬使える!

ゴジラコラボとして期間限定に登場するビオランテ「究極」の攻略法をご紹介! クエストの注意点、ギ

記事を読む

ダンタリオン/バトル6

ダンタリオン★5限定「究極」攻略/適正パーティ/難読?魔界の知恵者

ダンタリオン降臨(★5限定)の評価・強さなど ダンタリオンは「水属性」で「バランス型」

記事を読む

村正(光)「究極」攻略/バトル07

ムラマサ光(村正)「究極」攻略!おすすめ適正パーティーも

「村正(光)」ギミックの特徴 ・重力バリア:対策必要 ・ワープ ・ダメージ

記事を読む

稲荷X/バトル3

稲荷X「極」攻略/適正パーティ/Xの覚醒極

稲荷Xの評価・強さなど 稲荷Xは「火属性」で「スピード型」の「神族」モンスターです。 ボ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

キャラメリゼ/バトル6
キャラメリゼ降臨「究極」攻略/適正パーティ/お嬢様のスウィートレシピ

キャラメリゼ降臨の評価・強さなど キャラメリゼは「火属性

弥助/バトル5
弥助「極」攻略/適正パーティ/異国より来たる忠義の士

弥助の評価・強さなど 弥助は「水属性」で「スピード型」の

風魔小太郎/バトル5
風魔小太郎降臨「激究極」攻略/適正パーティ/風荒ぶ嗜虐の忍法帖

風魔小太郎降臨の評価・強さなど 風魔小太郎は「木属性」で

小早川秀秋/バトル5
小早川秀秋降臨「究極」攻略/適正パーティ/板挟み!裏切りの関ヶ原

小早川秀秋降臨の評価・強さなど 小早川秀秋は「闇属性」で

松永久秀/バトル6
松永久秀★5限定「究極」攻略/適正パーティ/乱世爆発!稀代の梟雄

松永久秀降臨(★5限定)の評価・強さなど 松永久秀は「火

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑