*

火ノエル/火の見習いサンタノエル降臨 「究極」攻略/適正パーティ/星降る聖夜にキャンドルを

公開日: : 最終更新日:2016/03/26 降臨・イベントクエスト攻略

火ノエル/火の見習いサンタノエル攻略

火ノエル/火の見習いサンタノエル降臨の評価・強さなど

光ノエル/光の見習いサンタノエル降臨「究極」もしくは木ノエル/木の見習いサンタノエル降臨 「究極」のイベントクエストに「アンチダメージウォール」もちの火属性1体編成して出撃すると<SECRET STAGE>枠が下記の様に発生しますので「挑戦する」を押して始めましょう。

火ノエル/火の見習いサンタノエル挑戦

火ノエル/火の見習いサンタノエルは「火属性」で「バランス型」の「妖精族」モンスターです。
ボールタイプは進化が「貫通タイプ」で神化が「反射タイプ」の、アビリティーは進化が「アンチダメージウォール」もちで、神化が「アンチダメージウォール/獣キラー」の「ダブルアビリティー」もちになります。

友情コンボは、進化が「全属性ホーミング25」で、神化は「貫通拡散弾EL3」と「スピードアップS」です。

アンチダメージウォールが付いていますから汎用性はありますし友情コンボは進化がサソリ対策と神化は獣キラーが上乗せされた攻撃が出来るモンスターになります。
神化には獣キラーとスピードアップSが付いていますからイベント限定なので育ててみてもいいですが素材確保もありませんので時間がある時に育てるぐらいで十分です。
大変面倒なクエストで期間限定ですから運極にするのは難しく集中して周回する事が必須になります。

素材としての使い道

・素材としての使い道はありません。

「火ノエル/火の見習いサンタノエル究極」ギミックの特徴

ダメージウォール:対策重要
ワープ:対策重要
・防御力アップ
・蘇生

全ステージにダメージウォールとワープが発生しますのでアンチダメージウォールとアンチワープの編成が必須になります。
ボス戦で中ボスがボスに防御力アップをしてきますのし蘇生雑魚も配置されていますので先に倒していく事が重要になります。

ボスの種族と属性

火ノエル/火の見習いサンタノエルは「妖精族」の「火属性」なので、「妖精キラー」や「火属性キラー」のモンスターが活躍します。
中でも、アンチダメージウォールと妖精キラーもちのイザナギ(進化)バステト(進化)、アンチダメージウォールと火属性キラーもちの上杉謙信(神化)はワープに対応出来ていないにですし、アンチワープと火属性キラーもちの天草四郎(神化)もおススメですがダメージウォールには対応していませんので注意が必要です。
ボスがキラーもちではありませんのでどの種族を編成しても問題はありません。

「火ノエル/火の見習いサンタノエル究極」適正モンスター


※火属性の「アンチダメージウォール」もちを1体編成する事を忘れずに。

ガチャ限定の適正モンスター

アトス(神化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。火属性で友情コンボのスピードアップがサポート的には優秀です。

静御前(進化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。火属性で友情コンボのクロスレーザーLが雑魚処理に有効ですしSSに回復が付いていますから緊急回避にも使用出来て優秀です。

ウンディーネ(進化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。水属性の貫通タイプでメテオ系の友情コンボが雑魚処理にも有効です。

シンドバッド(進化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。水属性で友情コンボの超爆発がサポート的に優秀ですし壁に当てる攻撃力が上がるSSはボス戦で重宝します。

アスカ&2号機(神化)
アンチワープもちモンスターです。火属性で友情コンボの超強貫通ホーミングが強力ですから雑魚処理に有効ですし薙刀を投げるSSも優秀です。(ダメージウォール注意)

上杉謙信(神化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。水属性の貫通タイプで火属性キラーが上乗せされた攻撃力が雑魚にもボスにも大ダメージを与えられます。(ワープ注意)

天草四郎(神化)
アンチワープもちモンスターです。水属性で火属性キラーもちでステージ全体で重宝しますし友情コンボの十字レーザーと貫通ホーミングが雑魚処理にも有効です。(ダメージウォール注意)

降臨系モンスターの適正モンスター

イザナギ(進化) 
アンチダメージウォールもちモンスターです。光属性で全属性耐性がありますからダメージ量を抑えられますし妖精キラーや友情コンボのクロスレーザーELが強力で雑魚にもボスにも有効です。

大黒天
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。光属性でHPが高く編成できれば安定しますが友情コンボの電撃は有効打になりますが扱いには慣れが必要です。

ヤマトタケル
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。水属性で友情コンボのロックオンワンウェイレーザーが雑魚にもボスにも有効ですしSSが貫通タイプになりますので弱点を直接狙えます。

アヴァロン
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。火属性の貫通タイプで友情コンボの斬撃が位置取りによってボスや雑魚にダメージを与えやすくなります。

フェンリル(進化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。光属性でターン数が少ない乱打系のSSが複数回発動が可能ですし友情コンボのホーミングが雑魚処理に有効です。

フェンリルX(進化)
アンチダメージウォールとアンチワープもちモンスターです。火属性で友情コンボのホーミングが雑魚にもボスにも有効です。

イザナギ
アンチダメージウォールもちモンスターです。光属性で妖精キラーがボスには大変有効ですし全属性耐性があるのでダメージ量軽減できます。(ワープ注意)

バステト(進化)
アンチダメージウォールもちモンスターです。闇属性の妖精キラーもちですのでボスに大ダメージを与えられますし発動ターンの少ない乱打系のSSを持っていますのでボス戦で複数回発動可能です。(ワープ注意)

おすすめのパーティー構成

静御前(進化)…ADW+AW
大黒天…ADW+AW
上杉謙信(神化)…ADW+火属性キラー

フレンド枠
アトス(神化)…ADW+AW

ステージ攻略

火ノエル/火の見習いサンタノエルは、ダメージウォールとワープが全ステージで発生しますのでアンチダメージウォール重視のアンチワープもちで編成する事が必須です。
雑魚が大量で密集していますから蘇生雑魚や防御率UPさせる中ボスを早目に倒せれるよう位置取りが重要になります。
ボスは火属性で雑魚は火、木属性ですから水属性を中心に火属性を必ず入れた編成する事がおススメです。
妖精キラーや火属性キラーもちを編成に組み込めればボス戦も比較的スムーズに進められます。

バトル1

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル1雑魚7体のステージです。
上段中の蘇生雑魚を早目に倒す為に上に上がりながらダメージ量に注意して倒します。
毎ターン蘇生が繰り返されますが雑魚との間はどれも近いですのでカンカンして複数体攻撃しながら進めていきましょう。
次のステージに備えて左上と左下に位置取りしておきます。

バトル2

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル2中ボス1体と雑魚7体のステージです。
中ボスが4ターンごとに蘇生をしてきますので左上か左下のワープ雑魚を先に倒して中ボスの左に入れる様にして先にたおします。
雑魚同士の間でもカンカンは可能ですし右から2列目の雑魚を残してSSを貯める事が可能ですのでダメージ量と相談して倒しながら進めていきましょう。

バトル3

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル3亀ステージです。
ダメージ量と相談してSSを貯めながら倒していきます。
次のステージに備えて中央に位置取りしておきます。

バトル4

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル4中ボス1体と雑魚6体のステージです。
中ボスが4ターンごとに蘇生をしてきますので先に中ボスを倒します。
右下3体の雑魚が攻撃をしてきますから中ボスを攻撃する際に巻き込んで倒しながら進めていきましょう。
左上の雑魚を倒しながら、次のステージからボス戦になりますので右上に位置取りしておきます。

バトル5

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル5ボス1戦目です。
ボスHPは約150万ほどです。
ボスが4ターンごとの蘇生とボスの周りに雑魚がワープを展開しますので先に上や右から攻撃して3ターンごとのクロスレーザーに注意しながらボスを倒します。
左下5体の雑魚は間にうまく入って複数体づつ倒していく事が可能ですので是非狙っていきましょう。
次のステージに備えてキラーもちは左上、必ず1体は下段中に配置しておく事が理想的です。

バトル6

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル6ボス2戦目です。
ボスHPは約260万ほどです。
前のステージ同様、ボスの4ターンごとの蘇生などがありますが下段中の雑魚がボスに防御力UPをしますので先に倒す事を優先します。(下段中の雑魚は蘇生されません)
ボスのクロスレーザーに注意しながら上や左から攻撃出来ればダメージを与えやすいので早目に倒していきましょう。
残りの雑魚を倒しながら、次のステージに備えて右下と左下に必ず1体づつ位置取りする事が理想的です。

バトル7

火ノエル/火の見習いサンタノエル/バトル7ボス最終面です。
ボスHPは約370万ほどです。
前のステージ同様、下段左右の雑魚が防御力UPをしてきますので必ず先に倒す事が重要です。
SSが貯まっていてすべて使って倒し切れるならSSを発動させて倒します。
号令系やメテオ系のSSで雑魚を倒しながらボスの上からカンカンして攻撃できればダメージを与えやすいですが3ターンごとのクロスレーザーや11ターン後の8方向レーザーには注意してボスを倒し切りましょう。

まとめ:蘇生をする中ボスや防御力UPする雑魚を先に倒す事が肝心になるクエスト

ダメージウォールとワープが全ステージに発生しますのでをアンチダメージウォールとアンチワープもちで編成する事が必須になります。
雑魚の多くが中ボスやボスが蘇生をしてきますし、ボス2戦目と3戦目にはボスの防御力をアップさせる雑魚が配置されていますので、先に倒していく事が重要になります。
クエスト自体、雑魚が多く倒して行く為の位置取りが面倒ですので「ダメージウォールとアンチワープ」もちの「火属性キラーや妖精キラー」を編成していれば難易度も下がるクエストですから、きちんと対策をしてから始めましょう。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

鉄扇公主X/バトル4

鉄扇公主X「EXステージ(Xの覚醒4)」攻略/適正パーティ/氷麗妖魔鉄扇公主X

鉄扇公主Xの評価・強さなど 鉄扇公主Xは「光属性」で「砲撃型」の「魔人族」モンスターで

記事を読む

ぽんぽこ腹太鼓/バトル6

ぽんぽこ腹太鼓「極」攻略/適正パーティ/いなせな化狸の納涼盆踊り

ぽんぽこ腹太鼓の評価・強さなど ぽんぽこ腹太鼓は「水属性」で「バランス型」の「獣族」モ

記事を読む

羽川翼/バトル5

羽川翼(はねかわつばさ)降臨「究極」攻略/適正パーティ/つばさキャット

羽川翼(はねかわつばさ)降臨の評価・強さなど 羽川翼(はねかわつばさ)は「水属性」で「

記事を読む

センジュ/バトル5

センジュ降臨「激究極」攻略/適正パーティ/解放戦線を率いる者

センジュ降臨の評価・強さなど センジュは「水属性」で「魔人族」の「バランス型」モンスタ

記事を読む

ギャラクシーサーペント/バトル5

ギャラクシーサーペント降臨「激究極」攻略/適正パーティ/宇宙の決死圏!銀河竜現る

ギャラクシーサーペント降臨の評価・強さなど ギャラクシーサーペントは「水属性」で「ユニ

記事を読む

火車/バトル4

火車「極」攻略/適正パーティ/車内は灼熱?地獄行き特急

火車の評価・強さなど 火車は「火属性」で「スピード型」の「魔族」モンスターです。 ボ

記事を読む

ハイランドスカルドラゴン/バトル5

ハイランドスカルドラゴン降臨★5限定「究極」攻略/適正パーティ/木深き危峰に棲まう魔竜

ハイランドスカルドラゴン降臨の評価・強さなど ハイランドスカルドラゴンは「木属性」で「

記事を読む

フロッギー/バトル6

カエル怪人フロッギー「極」攻略/適正パーティ/やばいぞ!カエル怪人の森

カエル怪人フロッギーの評価・強さなど カエル怪人フロッギーは「木属性」で「スピード型」

記事を読む

滝廉太郎(たきれんたろう)/バトル6

滝廉太郎(たきれんたろう)降臨「究極」攻略/適正パーティ/荒城に流るる朱華の調べ

滝廉太郎(たきれんたろう)降臨の評価・強さなど 滝廉太郎(たきれんたろう)は「火属性」

記事を読む

アリエス降臨 「究極」攻略/バトル4

アリエス降臨 「究極」攻略/適正パーティ/羊を数えて初夢ストライク

「アリエス降臨」の評価・強さなど アリエスは「光属性」で「反射」「スピード型」の「妖精

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

朽木白哉/バトル5
朽木白哉降臨「超究極」攻略/適正パーティ/死闘決着!白き誇りと黒き想い

朽木白哉降臨の評価・強さなど 朽木白哉は「火属性」で「死

藍染惣右介/バトル4
藍染惣右介降臨「究極」攻略/適正パーティ/藍染、立つ!恐るべき野望

藍染惣右介降臨の評価・強さなど 藍染惣右介は「闇属性」で

砕蜂/バトル6
砕蜂「極」攻略/適正パーティ/超速の戦い!武の女神、決す

砕蜂の評価・強さなど 砕蜂は「木属性」で「スピード型」の

東仙要/バトル6
東仙要「極」攻略/適正パーティ/処刑の朝

東仙要の評価・強さなど 東仙要は「水属性」で「バランス型

市丸ギン/バトル5
市丸ギン降臨「究極」攻略/適正パーティ/市丸ギンの誘惑、崩された覚悟

市丸ギン降臨の評価・強さなど 市丸ギンは「光属性」で「バ

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑