*

エレシュキガル降臨「激究極」攻略/適正パーティ/暗然たる不帰の国の女王

公開日: : 最終更新日:2018/10/29 降臨・イベントクエスト攻略

エレシュキガル攻略

エレシュキガル降臨の評価・強さなど

エレシュキガルは「闇属性」で「魔人族」の「バランス型」モンスターです。
ボールタイプは進化は「貫通タイプ」、神化は「反射タイプ」で、アビリティーは進化は「弱点キラー」と「アンチダメージウォール(ゲージショット)」もちで、神化は「アンチダメージウォール」と「弱点キラー(ゲージショット)」のどちらも「ダブルアビリティー」を持つ特徴があります。

友情コンボは、進化が「斬撃」で、神化は「爆破拡散弾」と「貫通拡散弾L2」です。

進化、神化共にアンチダメージウォールもちになりますので汎用性がありますし、弱点キラーも付いていますから弱点に当てられればダメージを与えやすいモンスターになります。
友情コンボは進化の斬撃はランダムではありますが雑魚処理に向いていますし、神化は爆破拡散弾と貫通拡散弾L2ですから広範囲に攻撃とサソリ対策が可能です。
進化、神化共に重力バリアなどのギミックに対応出来ない事が難点になります。
ボールタイプと友情コンボに違いがあるだけですので手持ちの少ない初心者は好みを育てておくといいでしょう。
反撃モード中の毒攻撃など若干面倒なクエストになりますが、きっちり編成出来れば運極にする事は可能です。

素材としての使い道

・素材としての使い道はありません。

「エレシュキガル激究極」ギミックの特徴

重力バリア:対策重要
地雷:極力対策
・ウィンド
・反撃モード
・ホーミング吸収
・レーザーバリア

重力バリアと地雷の発生とウィンド攻撃もありますのでアンチ重力バリアとマインスイーパーやアンチウィンドもちで編成する事が理想的です。
反撃モード中に攻撃をしてしまうと直接攻撃の場合には当たった方向への毒レーザー攻撃、友情コンボ攻撃の場合にはロックオン攻撃がありますので攻撃する際には攻撃される方向を注意した位置取りを心がけましょう。
ホーミング吸収雑魚やレーザーバリアを纏った敵も配置されていますのでホーミング系の友情コンボもちが居る場合には早目に倒す事も忘れずに。

ボスの種族と属性

エレシュキガルは「魔人族」の「闇属性」なので、「魔人キラー」と「魔封じ」や「闇属性キラー」のモンスターが活躍します。
中でも、アンチ重力バリアと飛行と魔人キラーMもちのイシュタル(神化)やアンチ重力バリアと魔人キラーMもちのレンブラント(神化)とが最適です。
また、アンチ重力バリアと闇属性キラーもちの宮本武蔵(神化)ランスロットX(獣神化)もおススメになります。

ボスがキラーもちではありませんのでどの種族を編成しても問題はありません。

「エレシュキガル激究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

イシュタル(神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で飛行と魔人キラーMも付いていますし、友情コンボのフレアと大爆発はサポート的にも優秀です。

レンブラント(神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性の貫通タイプで魔人キラーMも付いていますからボスにダメージを与えやすいですし、号令系のSSがボス戦で重宝します。

宮本武蔵(神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性の貫通タイプで闇属性キラーも付いていますからステージ全体にダメージを与えられますし、友情コンボのバーティカルレーザーLやホライゾンレーザーMは雑魚処理に有効です。

ランスロットX(獣神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。火属性で闇属性キラーと回復も付いていますし、友情コンボはワンウェイレーザーELと拡散弾L2で貫通変化の無効化SSはボス戦で重宝します。

ベルゼブブ(獣神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で魔封じも付いていますからボスにダメージを与えやすいですし、友情コンボの超強貫通拡散弾EL5と超強メテオや3ターン無敵状態にするSSは重宝します。

芙蓉(神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で飛行と異常状態回復も付いていますし、友情コンボの攻撃アップと大爆発はサポート的に優秀です。

クレオパトラ(獣神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性の貫通タイプで回復Mも付いていますし友情コンボの超爆発はサポート的に優秀でふれた敵に白爆発攻撃をするSSはボス戦で重宝します。

パンドラ(進化)
超アンチ重力バリアとマインスイーパーMもちモンスターです。闇属性でドレインも付いていますから回復も出来ますし、友情コンボのエナジーバースト6とSSは強力です。

螢光院ヒカリ(獣神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で飛行とダッシュも付いていますし、友情コンボの全属性のホーミングとメテオ系SSが雑魚にもボスにも有効です。

織田信長X(獣神化)
アンチ重力バリアとマインスイーパーLもちモンスターです。水属性で友情コンボのエナジーサークルLとエナジーサークルや号令系のSSは大変優秀です。

ドラゾンビ(進化) 
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性の貫通タイプで友情コンボの貫通ロックオン衝撃波6やメテオ系のSSは雑魚にもボスにも有効です。

降臨系モンスターの適正モンスター

ニライカナイ(神化)
アンチ重力バリアとマインスイーパーもちモンスターです。水属性で友情コンボのエナジーバースト4やプラズマは雑魚処理やバリアにも有効ですし発動時のみキラー攻撃が出来るSSは優秀です。

光源氏(神化) 
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で友情コンボのホーミング18は雑魚処理にスピードアップSはサポート的に重宝します。

キング・ブラッドレイ(進化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。光属性で友情コンボの次元斬は雑魚処理に優秀です。

メルエム(進化)
アンチ重力バリア(ラック)とアンチウィンドもちモンスターです。木属性で友情コンボの反射分裂弾は雑魚にもボスにも有効です。

ヴリトラ(進化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。木属性で飛行も付いていますし友情コンボの超強貫通拡散弾EL3で雑魚処理に有効です。

マティーニ少将(神化)
アンチ重力バリアもちモンスターです。水属性で友情コンボのフレイムと扇形拡散弾10は位置取りが必要ですが至近距離で当てられればダメージを与えやすいです。

おすすめのパーティー構成

宮本武蔵(神化)…AGB+闇属性キラー
ベルゼブブ(獣神化)…AGB+魔封じM
芙蓉(神化)…AGB+飛行

フレンド枠
イシュタル(神化)…AGB+飛行+魔人キラーM

ステージ攻略

エレシュキガルは、重力バリアと地雷の発生とウィンド攻撃もありますのでアンチ重力バリア重視のマインスイーパーやアンチウィンドもちで編成する事が理想的です。
反撃モードの攻撃が2種類ありますので攻撃ターンの把握をしっかりしながら倒していきましょう。
ホーミング吸収が配置されていますし反撃モードもありますが、レーザーバリアを纏った敵にダメージを与えやすいホーミング系での攻撃もおススメになります。
雑魚もボスも闇属性ですので光属性に偏らない編成がいいでしょう。
魔人キラーと魔封じや闇属性キラーもちを編成に組み込めればボス戦も比較的スムーズに進められます。

バトル1

エレシュキガル/バトル1中ボス1体と雑魚4体のステージです。
上段のホーミング吸収雑魚2体や下段の地雷雑魚2体を先に倒します。
中ボスは反撃モードになりますので直接攻撃する際には中ボスに当たった方向へ毒レーザー攻撃がありますから味方の配置にも気を付けながら倒していきましょう。
次のステージに備えて上段と下段に位置取り出来れば理想的です。

バトル2

エレシュキガル/バトル2雑魚4体のステージです。
重力バリアを纏った敵が攻撃力ダウンの爆発攻撃をしますので先に3体倒します。
残りの雑魚を倒しながら、次のステージに備えて右中と左上に位置取り出来れば理想的です。

バトル3

エレシュキガル/バトル3中ボス1体と雑魚4体のステージです。
右中と左上の雑魚を優先して雑魚4体を先に倒します。
中ボスの下からカンカン攻撃が出来ればダメージを与えやすいですが反撃モード中には攻撃する方向への毒レーザー攻撃に注意しながら倒していきましょう。
次のステージからボス戦になりますので左中を中心に四隅に位置取り出来れば理想的です。

バトル4

エレシュキガル/バトル4ボス1戦目です。
ボスHPは約250万ほどです。
左中の雑魚は攻撃力ダウン攻撃前に先に倒します。
残りの雑魚4体を倒しながらボスの反撃モード中に気を付けて倒していきましょう。
次のステージに備えて右下や左上に位置取り出来れば理想的です。

バトル5

エレシュキガル/バトル5ボス2戦目です。
ボスHPは約370万ほどです。
地雷雑魚以外の雑魚4体からの十字レーザー攻撃に注意しながら先に雑魚をすべて倒します。
ボスの2ターン目(次回3ターンごと)反撃モード中の毒レーザー攻撃や9ターン後の毒メテオ攻撃までに攻撃ターンを把握しながらボスを倒していきましょう。
次のステージに備えて右下と左上に位置取り出来れば理想的です。

バトル6

エレシュキガル/バトル6ボス最終面です。
ボスHPは約620万ほどです。
右下と左上の雑魚を先に倒します。
左下の雑魚も反撃モードになりますしボスはレーザーバリアを纏った状態ですから攻撃ターンの把握と攻撃方向に注意してすべてのSSを発動させてボスを倒しましょう。

3体の雑魚処理を反撃モードになる左下の雑魚も含めて倒せればダメージ量も抑えられますし、SSでの攻撃もボスに集中攻撃が出来ますから素早い雑魚処理がおススメになります。
SSで削り切れない場合には反撃モードによる攻撃に注意して上や右からカンカン攻撃をしてボスを倒し切りましょう。

まとめ:ダメージ量を増やさない為の素早い雑魚処理が肝心になるクエスト

重力バリアと地雷の発生とウィンド攻撃もありますのでアンチ重力バリアとマインスイーパーやアンチウィンドもちで編成する事が理想的です。
中ボスやボスの反撃モードによる攻撃でダメージを受けやすいですから出来るだけ雑魚を素早く倒してダメージ量を抑える事が重要になります。
レーザーバリアを纏った敵も配置されていますから高火力のホーミング攻撃などの編成や貫通タイプで弱点を狙った攻撃が出来る編成もおススメです。

クエスト自体、反撃モード中の対処が面倒ですが「アンチ重力バリアとマインスイーパーやアンチウィンド」もちで「闇属性キラーや魔人キラーと魔封じ」を編成していれば難易度も若干下がるクエストですから、きちんと対策をしてから始めていきましょう。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

一方通行/バトル3

一方通行(アクセラレータ)降臨「究極」攻略/適正パーティ/絶対能力進化計画

一方通行(アクセラレータ)降臨の評価・強さなど 一方通行(アクセラレータ)は「闇属性」

記事を読む

シュレッダー「究極」攻略

シュレッダー「EX(エクストラ)」攻略/適正パーティー/黄亀の住処に現れし悪党

「シュレッダー」の評価・強さなど ステータスも平均より高いのでオススメできるモンスター

記事を読む

わさびだこ/バトル6

わさびだこ「極」攻略/適正パーティ/ツンとくる!涙のタコ怪獣

わさびだこの評価・強さなど わさびだこは「闇属性」で「バランス型」の「魔族」モンスター

記事を読む

クレイジーダック/バトル6

クレイジーダック「極」攻略/適正パーティ/絶叫!暗闇ランドの人気者

クレイジーダックの評価・強さなど クレイジーダックは「闇属性」で「バランス型」の「獣族

記事を読む

銀中佐/バトル6

銀中佐★5限定「究極」攻略/適正パーティ/非情に閃く銀色の罠

銀中佐降臨(★5限定)の評価・強さなど 銀中佐は「闇属性」で「砲撃型」の「鉱物族」モン

記事を読む

ユージーン/バトル5

ユージーン「究極」攻略/適正パーティ/猛炎の将

ユージーン降臨の評価・強さなど ユージーンは「火属性」で「パワー型」の「妖精族」モンス

記事を読む

モンスト/ゼロ/ステージ03

ゼロ「究極」攻略/適正パーティー/原点

「オリジナル/ゼロ」の評価・強さなど オリジナルはタスカンすると「約430の高いスピー

記事を読む

ギガゾンビ/バトル4

ギガゾンビ降臨 「究極」攻略/適正パーティ/精霊王の黒き宿願

ギガゾンビ降臨とのび太の評価・強さなど ギガゾンビは「闇属性」で「亜人族」モンスタ

記事を読む

倭男具那命ヤマトタケル廻/バトル6

倭男具那命ヤマトタケル廻降臨「超絶・廻」攻略/適正パーティ/水駆ける天叢雲の皇子・廻

倭男具那命ヤマトタケル廻の評価・強さなど 倭男具那命ヤマトタケル廻は「水属性」で「パワ

記事を読む

浦島太郎/バトル5

浦島太郎「極」攻略/適正パーティ/蒼海に眠る竜宮の使者

浦島太郎の評価・強さなど 浦島太郎は「水属性」で「バランス型」の「亜人族」モンスターで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

おつう/バトル6
おつう降臨「激究極」攻略/適正パーティ/覗き見NG!秘密の鶴少女

おつう降臨の評価・強さなど おつうは「火属性」で「魔人族

むっすびぃ/バトル6
むっすびぃ「極」攻略/適正パーティ/二転三転?おむすび大回転

むっすびぃの評価・強さなど むっすびぃは「光属性」で「バ

渇血狸/バトル5
渇血狸(かっちり)降臨「究極」攻略/適正パーティ/かちかち山が生みし狂獣

渇血狸(かっちり)降臨の評価・強さなど 渇血狸(かっちり

海女人魚ナギサ/バトル4
海女人魚ナギサ★5限定「究極」攻略/適正パーティ/防げ乱獲!海の巡回強化中

海女人魚ナギサ降臨(★5限定)の評価・強さなど 海女人魚

チェシャ猫神化
「チェシャ猫」は強い?適正クエスト、進化・神化の評価

チェシャ猫の評価 「闇属性」「スピード型」のモンスター。

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑