*

バハムート「究極」攻略/適正パーティー/黒紫蝕の巨獣

公開日: : 降臨・イベントクエスト攻略

バハムート/究極攻略

「バハムート」の評価・強さなど

バハムートは初期モンスターで、メジャーなアビリティは持っていませんが、飛行と魔封じの組み合わせで魔王や魔族に有利にたてる上に飛行であるために地雷を避けて動くことができます。
鈍足ですが攻撃力が30000をこえるためカンカンを狙うことで活躍できるモンスターで、一体はゲットしておくとよいでしょう。

「バハムート 究極」ギミックの特徴

・ダメージウォール
・重力バリア
・シールド
・魔封じ

バハムートは魔封じ持ちモンスターなので「魔族」や「魔王族」は連れて行かないようにしましょう。敵は全て闇属性のため、光属性で固めていくと被ダメージが大きくなるので2体以内を目安に構成しましょう。
ダメージウォールとシールドは気にしなくていいレベルなので、多く出現する重力バリアをメインとしてパーティを組みましょう。

ボスの種族と属性

バハムートは「闇属性」の「魔王族」なので、「闇属性キラー」と「魔王キラー」が大活躍します。

オススメは闇属性キラーをもつチヨ(神化)です。壁とボスとの間でカンカンを狙うことによりHPの高いボスのゲージを飛ばすことができます。

「バハムート 究極」適正モンスター

ガチャ限定の適正モンスター

チヨ(神化)
アンチ重力バリア+闇属性キラーもちのモンスター。壁とボスの間でSSを放つことによりボスのゲージを飛ばします。クエスト全体で活躍できるため最適モンスターといえます。

サラマンダー(進化・神化)
進化はアンチ重力バリアもちの魔王キラーで自由に動くことができ、ボスに有効です。神化は魔王キラーMで、重力バリアにひっかかってしまうものの、ボスに有効であるため活躍をみせてくれます。
どちらも友情コンボのフレイムで雑魚処理にも適しています。

ゴッドストライク(神化)
光属性で魔王キラーと闇属性耐性をもっているモンスターです。闇属性耐性をもっているため被ダメを抑えられ、一方的に属性有利にたてる上に魔王キラーのため有利にクエストを進めていけます。
また、友情コンボのワンウェイレーザーがダメージソースになります。

モンタナ(進化)
重力バリアにひっかかってしまうもの、魔王キラーLもちのアタッカーとなるモンスター。攻撃力が強いため、SSで壁カンを狙いボスをワンパンできます。

降臨系モンスターの適正モンスター

光刃ムラサメ
闇属性の重力バリアもちモンスター。友情ホーミングが雑魚に有効な上、SSが強力です。

ダークドラゴン(神化)
魔王キラーLもちのモンスター。ボスに有効に戦え、ステータスもいいので運枠として使えます。

エメラルドドラゴン(進化)
光属性で魔王キラーLもちモンスターのため、ボスに有利に戦えます。

おすすめのパーティー構成

チヨ(神化)
AGB+闇属性キラー+壁カンSS
光刃ムラサメ
闇属性耐性+AGB+強力SS
サラマンダー(進化)
ABG+魔王キラー+友情フレイム

フレンド
サラマンダー(神化)
魔王キラーM+友情フレイム

ステージ攻略

バハムートはHPが高いため、長期戦になります。SSは危ないと思ったら使ってしまいましょう。
魔王キラーや闇属性キラーを二体以上連れて行くと安定して倒せます。

バトル1

バハムート/究極/バトル1中ボスの攻撃力が地味に高いです。中ボスに近づくとダメージが増えるのであまり近づかないよう雑魚から倒し、ステージを攻略しましょう。

バトル2

バハムート/究極/バトル2被ダメージ量を減らすためにも中ボスには近づかないよう注意しながら雑魚から倒していき、最後に中ボスを倒しましょう。
SSをためているとやられてしまう可能性があるのでとどまらずに先のステージを目指すべきです。

バトル3

バハムート/究極/バトル3中ボスのキラーのモンスターは中ボスのHPを削りましょう。被ダメを抑えるためには雑魚を先に倒すのも手なので、手持ちのパーティ次第で決めましょう。
もたもたしていてもこのステージでやられることはめったにありません。

バトル4

バハムート/究極/バトル4ボス戦です。
バハムートの攻撃力がかなり高いです。爆発とレーザーともに20000ほどダメージを食らってしまうので、なるべくバハムートにはりつかないよう注意して倒しましょう。

バトル5

バハムート/究極/バトル5被ダメを抑えるためにも雑魚を先に倒します。ボス1戦目同様ボスに近づくと痛い目に合うので、なるべく近づかないよう注意しながら倒していきます。

バトル6

バハムート/究極/バトル6ボスが重力バリアをまとっているため、アンチ重力バリアもちのモンスターでボスのHPを削っていきましょう。
雑魚の攻撃力は高くないので、ボスから先に倒し、スペースを確保してから雑魚を倒して次のステージに進みます。
危ないと思ったらSSをおしまずに使いましょう。

バトル7

バハムート/究極/バトル7最終面です。
ボスのHPがこのステージはかなり高いので、まずは被ダメを減らすためにも雑魚をかたづけましょう。
その後はSSを使ってボスを倒し、攻略となります。

まとめ魔王キラーや闇属性キラーを二体以上いると安定するクエスト

魔王キラーや闇属性キラーのモンスターをなるべくパーティにいれ、ボスのHPを削るのがキーとなります。
バハムートは攻撃力が高いため、もたもたしているとあっけなくやられてしまいます。
危ないと思ったらSSを使い、攻略を目指しましょう。

クリアでドロップするバハムートは飛行+魔封じで、攻撃力が30000をこえるため一体は所持しておきたいモンスター。
地雷が出現するクエストでも活躍できるため、育てておいて損はありません。

オーブ無料獲得方法

オーブ不足ならスグに試してみてください♪

ガチャ回したくてもオーブが足りない・・・コンテニューもして目当てのキャラをゲットしたい・・・でもそんな時に限って足りないのがオーブですよね。簡単にそして安全にオーブをゲットできる方法を紹介しています。 「[モンストオーブ]を確実に無料入手する方法」をどうぞ。

関連記事

海女人魚ナギサ/バトル4

海女人魚ナギサ★5限定「究極」攻略/適正パーティ/防げ乱獲!海の巡回強化中

海女人魚ナギサ降臨(★5限定)の評価・強さなど 海女人魚ナギサは「水属性」で「バランス

記事を読む

ウィル③/バトル6

ウィル③攻略/適正パーティ/夜想の堅城・宿命の広間

ウィルの評価・強さなど ウィルは「闇属性」で「聖域の狩人」の「バランス型」モン

記事を読む

ゼペット「究極」攻略/バトル5

ゼペット「究極」攻略/適正パーティ/夢の国を呑み込む宇宙クジラ

「ゼペット」の評価・強さなど ゼペットは友情コンボに強力なワンウェイレーザーを持っています

記事を読む

宝船/バトル5

宝船降臨「究極」攻略/適正パーティ/夢か?現か?宝船発見

宝船降臨の評価・強さなど 宝船は「闇属性」で「バランス型」の「魔族」モンスターです。

記事を読む

村正(光)「究極」攻略/バトル07

ムラマサ光(村正)「究極」攻略!おすすめ適正パーティーも

「村正(光)」ギミックの特徴 ・重力バリア:対策必要 ・ワープ ・ダメージ

記事を読む

バハムートX/EXバトル3

バハムートX「EXステージ」攻略/適正パーティ/Xの覚醒EX

バハムートXの評価・強さなど バハムートXは「水属性」で「パワー型」の「魔王族」モンスター

記事を読む

ティーガーIX「EXTRAステージ」攻略/バトル02

ティーガーIX「EXTRAステージ」攻略/適正パーティ/Xの覚醒2

「ティーガーIX」の評価・強さなど アンチ重力バリアもちモンスターで、スピードが400をこ

記事を読む

モンスト「ツクヨミ」

モンスト「ツクヨミ」降臨を攻略!おすすめ適正パーティーも

イザナミ、クシナダ、ヤマトタケル、イザナギに続く第5弾となる超絶クエスト「ツクヨミ降臨」。

記事を読む

刃霧要(はぎりかなめ)/バトル6

刃霧要(はぎりかなめ)降臨「究極」攻略/適正パーティ/刃霧の標的!死紋十字斑

刃霧要(はぎりかなめ)降臨の評価・強さなど 刃霧要(はぎりかなめ)は「火属性」で「スピ

記事を読む

モンスト 村正

村正(闇)降臨を攻略!おすすめ適正パーティーも

イザナミ、クシナダ、ヤマトタケル、イザナギ、ツクヨミ、阿修羅、毘沙門天に続く第8弾の超絶降臨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

爆絶クエスト攻略

野上冴子/バトル6
野上冴子「極」攻略/適正パーティ/敏腕なる美人刑事

野上冴子の評価・強さなど 野上冴子は「水属性」で「バラン

シティーハンター1コラボ_st00
「シティーハンター」コラボ(劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ)第1弾 2019年01月版

「劇場版シティーハンター 」コラボの期間 今回のコラ

黒陽の蛇王/バトル5
黒陽の蛇王攻略/適正パーティ/興奮のスタジアム2019

黒陽の蛇王の評価・強さなど 黒陽の蛇王は「闇属性」で「ド

蒼弾の大盗賊/バトル5
蒼弾の大盗賊攻略/適正パーティ/興奮のスタジアム2019

蒼弾の大盗賊の評価・強さなど 蒼弾の大盗賊は「水属性」で

クレイジーショーシャ/バトル4
クレイジーショーシャ「極」攻略/適正パーティ/出陣!城門めがけて一直線

クレイジーショーシャの評価・強さなど クレイジーショーシ

→もっと見る

  • モンストオーブ無料入手方法
PAGE TOP ↑